ホーム > 審美・歯並び

審美・歯並び

審美歯科では

審美・歯並び

1. 歯を削ることなく歯の色を白くするホワイトニング
2. 歯のつめものやかぶせものを美しい白い歯に改善させる審美修復・補綴治療
3. 歯並びを整える矯正治療
4. 歯茎の形や色を整える歯周外科関連処置

などがあります。
美しいということは、基本的に「健康」の上に成り立っています。
ゆえに基本的な生物学的ルール、治療概念の元に審美歯科を行うことが具合の良い状態、美しい状態を長く維持できるようになると考えています。当院では、いずれの審美処置においても、「術前の状態」と「術後の状態」をカラー写真で残しておいて、変化を明瞭に確認できるようにしております。

1.

ホワイトニングとは、専門的にはブリーチといいますが、漂白剤を用いて、歯を白くする方法で、
漂白剤を個人用マウスピースに塗って行う家庭用漂白(ホームブリーチ)と診療室で歯科医師が
行う集中的な漂白(オフィスブリーチ)があります。
また神経をとられた歯1本だけの変色などの場合は、根管の中に漂白剤を入れて行う方法があります。(エンドブリーチ)

BEFORE

症例

AFTER

症例

前歯が茶色く変色しています。 → 顕微鏡視下で丁寧に漂白するだけできれいな白い歯に戻りました。

2.

金属のつめものや黒いつめものを自然な歯の色のものに作り変えたり、汚れが目立つようになった白いつめもの・かぶせものをキレイな自然な色のものに作り変えたりします。
当院ではすべての処置工程で顕微鏡を用いて行いますので肉眼だけの場合よりも、繊細で確実な処置を行うことができます。

BEFORE

症例

AFTER

症例

金属の詰め物が気になるとのことでした。
→ はずしてセラミックでやりかえました。金属の下には亀裂も入っていましたが接着で維持しています。

BEFORE

症例

AFTER

症例

第一小臼歯という割と目立つ部位に金の冠が入っていました。
→ セラミックに被せなおしました。(遠方でもあり通院は2回でした)

BEFORE

症例

AFTER

症例

歯石とステイン(着色物)がついていました。 → 顕微鏡視下で確認しながらきれいにとりました。

BEFORE

症例

AFTER

症例

目立つ前歯がけずれて虫歯になっていました。 → 顕微鏡視下にて接着修復でやりなおしました。

3.

矯正治療は専門医師に委託しています。

4.

歯肉の色が黒っぽく変色している、歯肉のラインがよくないなどの場合に外科的に整えることができます。

いずれの処置も当院で行えますが、矯正治療だけは、基本的に専門医を紹介させていただいております。