ホーム > 顎関節症

顎関節症

顎関節症について

顎関節症
顎関節症・TCH・口腔顔面痛
TMD:顎関節症 がくかんせつしょう
TCH:Tooth Contacting Habit ティーシーエイチ 歯の接触癖 かみしめ
口腔顔面痛 こうくうがんめんつう

口腔顔面痛:歯がずきずき痛い、冷たいものがしみる、咬むと痛いということはより広くは、口腔顔面痛の一つといえます。舌がひりひりする、冷たい風があたると左顔半分がピリピリと痛い なども口腔顔面痛の一つとなります。

口腔顔面痛という分野には非常に多くの症状や原因の疾患が含まれています。

歯が痛い と患者さんが感じていても、実は、歯以外の原因の口腔顔面痛であるのを歯が痛いと勘違いしている場合もあります。

その痛みが歯が原因なのか、そうではない原因があるのか この辺の診断は非常に難しいものですが、実は歯が原因ではないが歯が痛いように感じる疾患があることは事実ですから、場合によって歯科治療を行う前によく診査・診断をする必要があります。

歯科治療では、歯を削る、つめもの・被せものを除去する、歯の神経をとる、抜歯する、
というように一度行うと元の同じ状態に戻せないことが多いです。

歯の原因でない可能性があるとこちらで診断された場合は、治療の前に他の診査を推奨することがありますがそれは正しい診断のためとお考えください。

歯科治療の場合、治療のタイミングが少々(~2週間)遅れてもそれが治療結果に決定的な差になることはほとんどないと感じています。