ホーム > 咬み合せ

咬み合せ

咬み合わせ

咬み合わせ
咬み合わせ

かみ合わせが悪いという場合、大まかには以下の二つに分類できます。





1 もともとは調子がよかったのに、打撲や転倒などの怪我、歯が抜けて放置した、歯科治療・矯正治療など作為によってかみ合わせが変わってから具合が悪い

2 もともとの歯並びとかみ合わせではあるが具合が悪い


1.の場合は、治療のゴールはもとの健康だったかみ合わせに戻すことなので、少なくともゴールははっきりしています。

2.の場合は、生まれ持ったかみ合わせに問題があるということで、ゴールの設定が非常に難しいです。

現代歯科医学的にみて、健康なかみ合わせとはこうである、という基準がくつかありますので、そちらにあわせるようにかみ合わせを作ることになります。人為的に医学的にかみ合わせを作り出すので、検査、診断をして、見通しを確認した上で、慎重に行うことになります。

当院では、視覚的にもクリアなかみ合わせの検査ができる最新の咬合診断ソフトウエアを用いて、診断とかみ合わせ調整を行います。また、かみ合わせが全身の姿勢の支持という役割があることからも、整体・オステオパシーなど手技療法の先生と共同で治療にあたります。

バイデジタルオーリングテストを用いて正しいかみ合わせを

一般的に、総入れ歯や上下全部の歯を被せたりするときには、歯の基準がなくなりますので、いわば歯科医師がかみ合わせを決めて作るということになります。
それには、方法論があり、顔の寸法バランス、顎の位置など解剖学的に搾っていく方法、咬合圧の検査(コンピュータ)などから絞っていく方法、顎の筋肉の緊張度や整体的なバランスから絞っていく方法などいろいろあります。

いずれにしても顎のかみ合わせには、生体に「許容されるゾーン」があり、その範囲内にもっていくことが目的になります。かみ合わせは、身体の軸、椎骨など 姿勢維持、バランス、重心に関わっているので不具合であると自律神経に不具合をきたすと報告されています。それゆえ身体の声を聞きながらより望ましいかみ あわせを作っていく作業が必要になります。
マウスピースや仮歯を使って探る作業が必要になり、症状、解剖学的所見、見た目、咬合接触(歯がどのくらい上下でかんでいるか)、姿勢、顎関節、機能(食事、会話)など、総合的に判断して決定することになります。

このかみ合わせにもバイデジタルオーリングテストを用いて診断の助けにすることもできます。