ホーム > 顕微鏡診療

顕微鏡診療

顕微鏡診療について

顕微鏡診療について

当院では「治療前の状態」、「治療の途中経過」、「治療後」にそれぞれ顕微鏡で撮影した静止画と動画をお見せしています。

歯科治療に 顕微鏡マイクロスコープ が使われるようになったのは1990年代からですので、まだ歴史は浅いのですが、欧米の歯内治療(歯の神経の治療)の専門医になるには顕微鏡使用が義務づけられていることからも、歯内治療に顕微鏡がいかに必要とされているかがわかります。

歯の神経の治療だけでなく、顕微鏡を使うと、肉眼では見ることのできなかった明るさと大きさ(拡大)で歯の異常を確認することが可能になります。通常肉眼で治療していると、とくに削っているときは、同時に冷却用の水がシャワーのように削除面にあたっているために削っているところが見えなくなることが多いのですが、顕微鏡で見ていると、拡大と照明によりありありと見ながら削ることができます。

このことにより、肉眼よりも正確 に、かつ最小限の削り方で削ることが可能になります。歯科医師が治療がやりやすいということが、患者さんも 治療をより快適にうけることにつながります。

まだ日本で顕微鏡を導入している歯科医院は数%ですが、それは顕微鏡自体が高額なこと、治療に応用できるようになるためにある程度トレーニングを要することなどが原因と考えられます。しかし顕微鏡を用いて行われる診療で患者さんが受け取る歯科治療上のメリットは非常に大きいと思います。当院では保険/自費の別なく、ほとんどすべての診療で顕微鏡を用いています。

顕微鏡診療について
顕微鏡診療について02
顕微鏡診療について03

顕微鏡の症例

症例1-1
症例1-2
例1-3

1-1、1-2: ずきずきする痛みが出ていた歯です。金属のつめものの隙間と虫歯の様子がよくわかると思います。
1-3: 金属のつめものをはずしてみると、細かなヒビも歯に入っていました。虫歯が青く染まる薬を塗っています。

例2-1
例3-1
例3-2

2-1: 右上親知らずの頬側の面にできた虫歯です。通常の肉眼とライトだとここまで良く見ることはできません。
3-1: 健診で金属のつめものの下のわずかな虫歯が見つかりました。
3-2: 顕微鏡がなければまず見落としてしまいます。

例4-1
例4-2
例4-3

セラミックの冠でブリッジをかけていたのですが、痛みが出て神経の治療の再治療が必要になりました。
高額なブリッジでもあるので、壊して外すのではなく、必要最低限の穴をあけて神経の再治療を行います。 顕微鏡がないとこのような最低限のアクセスで治療することはまず困難です。