ホーム > 当院のこだわり > 診療方針

診療方針

当院の診察方針

当医院では治療にあたり心がけていることがあります。

1 セルフケアを大切に考えています
1 セルフケアを大切に考えています

セルフケア(普段の歯磨き)はわずらわしいものです。
しかしこれをしないで口の中の健康は維持できない以上やるしかありません。

予防法をしっかり習得していただくため、ブラッシング指導など時に厳しくお伝えすることがあります。

2 痛くない治療を心がけています
2 痛くない治療を心がけています

治療で痛みを感じなくするには、麻酔の仕方から工夫が必要ですが、当院では、関連するツボを適切に圧迫・指圧することにより麻酔の針刺しの傷みも感じないようにしています。
また麻酔医師による静脈内鎮静(じょうみゃくないちんせい)や、笑気吸入鎮静法では、インプラントなど小手術の術中の恐怖感、不快感、緊張感が軽くなるよう心がけています。

3 時間をかけて治療します
3 時間をかけて治療します

なぜなら「治療にはある程度時間をかけてもらった方がよいから」です。未熟なために手際が悪くて時間がかかるのではなく、精密に口の中でミクロ単位の治療を行うには丁寧にやればやるほど、熟練医であっても本来は、ある程度時間がかかるものなのです。

この点で良い治療は、長くもつ良い家を作るのと似ています。工期を短縮していい家ができることはないのです。

4 お口の中の事をきちんと説明します
4 お口の中の事をきちんと説明します

「治療前の状態の写真と、治療後の状態の写真(拡大されたカラー写真とレントゲン写真)を並べて見せること」は対象が口の中の小さな歯のため、本人で確認 しにくいからです。また実際にどのように改善したのか確認してもらう必要があります。見た目にも改善していないようでは長くいい状態を維持できるわけがありません。これを出すのは患者さんに安心していただきたいという思いです。 また、歯科医師として自分の治療に責任を持つということでもとても大事なことだと思っています。

5 リスクについてもお話しします
5 リスクについてもお話しします

なぜなら「治療にはある程度時間をかけてもらった方がよいから」です。未熟なために手際が悪くて時間がかかるのではなく、精密に口の中でミクロ単位の治療を行うには丁寧にやればやるほど、熟練医であっても本来は、ある程度時間がかかるものなのです。

この点で良い治療は、長くもつ良い家を作るのと似ています。工期を短縮していい家ができることはないのです。

6 かかる費用を明確にしています
6 かかる費用を明確にしています

いったいいくらかかるのかという不安や、聞いてなかった費用だということのないように、また、知識のある患者さんには事前にわかるように保険の治療費(概算)から自由診療の治療費、の料金表として当ウェブサイトで公開しています。

>>費用はこちら