ホーム > 予防歯科

予防歯科

予防歯科について

予防歯科
虫歯を削って詰める、かぶせる、歯石をとる、入れ歯を入れる、インプラントを埋入する、、、

これらの歯科治療はすべて、結果への対症療法です。
虫歯も歯周病も『結果』に過ぎません。
では原因はなんでしょうか?
『歯垢(プラーク)(バイオフィルム)がその歯に十分な時間ついていた』ということです。
「原因」を正さないで結果への対症療法だけを行うのは、もう過去の時代遅れの歯科診療であり、実は「問題の解決になっていない」ということももはや明らかになりました。

どういうことかというと、治療(対症療法)だけしていても、数年で同じような問題が再発し再処置が必要になる、あるいは、もっと広範囲の新たな歯科治療(対症療法)が必要になる ということです。
そのような歯科治療(対症療法)を繰り返すうちに結果的に、歯科医院に通院していても、数年ごとに口腔内の健康な歯や歯肉、歯槽骨というものがどんどん失われていたりします。

このようなことのないように、時間が経過しても、健康な歯や口腔内組織と機能とが維持されているように、
一度治療した歯は再治療が必要な状態になることのないように、
とくに、多数の歯の治療が必要な状態になった人、
歯周病が進行した状態になった人は治療(対症療法)だけを進めるのではなく、応急処置(対症療法)で急性症状がいったん落ち着いたならば、できるだけ早期に、予防(原因除去療法)に取り組まれることをお勧めします。
諦める前にまだまだやれることはあると思います。


原因除去療法 
維持:Supportive therapy

スウェーデン予防歯科のメッカ、Kahlstad Varmlandの歯科医院
Accersson 先生